FC2ブログ

伊達政宗五常訓は好きですねー

アンニュイな感じのコフレちゃんです。

202105211752290b2.jpeg


コフレちゃんも美しいバラちゃんですね🌹 



私、バラに限らず何を育成しても
自分が育てた感は無い。 

娘を育てていた時も
他の子ども達の面倒を見ていた時も
みったんのお世話をしていても全く無くてね。
 

生きていく為に
必要な部分のサポートを
自分が出来ることを
出来る範囲でやるだけ。
 
 
○○(←子どもや動物や後輩や部下とかetc)を
躾した!とか
教育した!という
ドヤ顔や苦労自慢をする人を見るたびに
人の成長なんて神ですら放置しているのに
スゲー自信だなオイ。と感心します。 
  

ま、私は何も成したくないし
好かれたいも認められたいも
何もないから思うのかもね。
   
 
自分以外からの評価に依存することは
生きていく上で最も危険だと思うから。
 

評価されたら。
ありがとうございます。と
お礼と感謝を添えてすぐに忘れます。

評価されなかったとしたら。
最初から無いのだから
何も気にする必要は無い。 
 

どちらも結局は無いのだから
自分に集中して生きて死ぬだけ。
 
 
娘もダンナも存在はしているけど。

別個体だから関係ないというか
干渉しようが無いし。 
  

干渉するということは
相手の運命を曲げかねないしね。
 

運命に干渉するなら
そこに発生する因縁や業は
必ず引き受けないと帳尻が合わなくなる。
 

自分の命くらいで精算出来るなら良いけど
そうなってないのは現実世界を見れば
よく分かりますよね。

 
 
私は支配も従属も
可能な限りゼロにしたいから
縁は可能な限り薄く薄くを選択します。
 

次の瞬間にはシャボン玉みたいに
パチンっと消えると認識しています。
 

自分に一喜一憂するほど
期待も失望もしてないしね。 
 
 

話しは変わり。

今週からスタートしている
朝ドラを何となく観ています。
   

夏木マリが唱和していた
伊達政宗五常訓は
毎日唱えると良いと思いますよ。 
 
【伊達政宗五常訓】

「仁に過ぐれば弱くなる」
「義に過ぐれば固くなる」
「礼に過ぐれば諂い(へつらい)となる」
「智に過ぐれば嘘をつく」
「信に過ぐれば損をする」
 

こちらに詳しく書いてあります。

https://colorfl.net/datemasamunemeigen/
  

五常や五徳は素晴らしいけどね。

今の社会では絵に描いた餅かな。

妙に縛られるくらいなら使わない方が
生きるのは楽になるかと。

義理人情や綺麗事で自分を縛り
報われなかった人間ほど
厄介な存在は無いのでね。
 
 

朝ドラを眺めながら
何か好きだなと思ったので調べたら
ドラマ「透明なゆりかご」の脚本家さんなんだね。
 

「透明なゆりかご」はGWに全話再放送されていて録画してあるから観なくては。
  

「透明なゆりかご」は
90年代に産婦人科でバイトをしていた作者さんの視点で描かれたマンガが原作のドラマです。

私が10代の頃に
中絶やレイプの相談に乗っていた時代と
あまり差の無い時代背景だからか
読んでいて言葉を失う作品です。
 

時代背景と書きましたが。

30年近く経つ2020年台の今も
ほとんど変わらない問題ばかりですけどね。
 

変わったことは。

家族や身内からの
性虐待や性暴力が一般に公になり
そういう問題が存在しているという
「可視化」は少し進んだかな。
 

私が高校生の時の話しです。 

友人が付き合っていた大学生の彼が
母親から性虐待を受けていてね。
  

内容は書きませんが。

私は息子をただ愛しているだけ。と
言い放った母親の目の虚ろさを
今でも覚えてます。

色々あって私も同席した場で
その言葉を聴いた時はゾッとしました。 
 
 

娘を育てている時代には
男の子を育てているお母さんの中に
異常な執着をする人達がいましてね。 

 
あの頃は性虐待なんて概念がなかったけど
お父さんが娘にそれをやったらどう思う?と
聴いてキレられたなー(遠い目。。
 

息子に執着が激しい人ほど
旦那さんと不仲な人が多かったのも特徴です。
  

蛇足ですが。

そういう人は
不倫すると息子や娘にも執着が薄くなります。

その隙に行方不明になると
逃げやすいからおススメですよ。
  

自分の心の穴を埋めたいだけで
そういう人は誰も愛してないから
罪悪感には目を瞑り
ダッシュで逃げましょうね。

親の悲しみや不幸を
背負っちゃダメだよ。 
 
それは親自身が
自分で落とし前をつけることだから。
 
 

性虐待をする身近な存在は
父親、兄弟、叔父や伯父、従兄弟や祖父と
男性が多いのですが。
 

息子が母親や父親や親族から性虐待を受けても
女性以上に口に出来ないのでは?と
思うのよね。

やる側は子どもを自分のしんどさを紛らわせる道具くらいにしか思ってないから
悪いなんて全く考えてない。

考える余地も無いくらい
何かで(ほとんどは恐れ)
いっぱいに見えるかな。
 
 

私が出来ることは。

そういう親ガチャに当たったら
見捨てて逃げてもいいんだよ。と
応援するくらいしか出来ないんだけどね。

 
赦す赦さないは
あなたが安心して生きられるようになってからで遅くないから。

見捨てることが
あなたをそして相手も結果的には
楽に生きる道に向かうと私は思うので。

家族信仰の強い日本では
私の薦めは異教であり邪宗扱いでしょうが。笑




個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション

 
Wセッションについて(鈴木彩子さんver) | Home | 自分に手間暇掛ける

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する