神になる必要はない

魔法や魔術の世界のマンガを買いまくってます。

同時に脳や心理学系の本や記事を探して読んでいて。


本日読んで興味深かったのは、
身体的暴力、精神的暴力を受けた後の脳の萎縮部位から起る弊害かな。


私の脳もかなり委縮している。
分析出来ればいいのにな。


良いデータ取れると思うんだよね。


ダメージを受けた部位は回復不可と言われたけれど、
ダメージ分を補う形でどこかが必ず補完していると思うんですよ。


私の脳なら絶対やってるはずだ。

無いなら創ればいいのだから。




さて、画像は「とんがり帽子のアトリエ」というマンガから。

この男性はココという少女のお師匠さんです。




ココという人間の少女は、
知らずに禁忌魔法を使ってしまい、
お母さんが石になってしまってね。

お母さんを元に戻す為に魔法使いになる修行をしてます。


ただの人間が魔法を学ぶのは、
生まれつきの魔法使い達より、
当たり前ですが劣ります。

お師匠さんは焦るココに、
料理をしながら魔法を練習させるんだよね。


芋を焼く時に、
炎の魔法を使わせて、
火加減を学ばせたりとかね。


芋は炎が弱いと煮えない、
芋は炎が強いと焦げてしまう。


こうやって失敗しながら加減を覚える。


それに、
ココはココだけにしか出来ない事もたくさんある。

それは必ず魔法に転換出来る。



失敗するのが怖い人が多いけど。

自分や人を芯から傷つけたり、
殺すようなことって、
そうそう無いですよ。


それと、

失敗したことが、
無駄で無意味で、
何の価値も無かった。


こう思うからこそ、
自分を傷めることを続けずに辞められる。


「全てに意味がある」とか、
「全ては最善しか起こらない」とか。


そんなのは神の領分でしょ。


楽しんだり、面白がったり、
怒り、惑い、悲しむのが人ですよ。

神になる必要は無いでしょ。


失敗したら、
工夫して次に備えればいいだけ。


傷ついていて竦むなら、
また歩けるまで休めばいいだけだよ。




個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ


桜を愛でつつ4大元素力アップ!ツアーを開催します | Home | ある意味娘への遺書的な映画の感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する