「転ばぬ先の杖」を止める

26804099_1531888240242041_1730605387_n.jpg


先日、個人セッションを受けた方から、
私の子育て論が役立ったと感想を聴きました。


ちなみにその方は会社で障害者雇用に携わっているそうです。


細やかな気配りができる方で優しいし、
会社で働く若い子達の未来を常に考えてらっしゃる。


ただそれ故に、
「転ばぬ先の杖」をやりがちで。


でもね、それじゃいざという時に、
自分で判断する能力が育ちません。

失敗し傷つく体験があるから、
次への回避や改善を考えるようになる。

「失敗をする体験」
という機会を奪うことを、
育成者はしてはならない。


イジメのような対応をする人間がいたら、
断固たる毅然とした態度でバックアップは大事。



見守り育てる。ことは、
自分を労わり大事にするのが苦手や、
忌避してる人には、
鬼門なくらいにやり過ぎたり、やらな過ぎます。


人を育てたり、
人に何かを伝える人は、
自分が学び教えてもらっている事を、
忘れちゃダメですよ。


何より、あなたの問題と相手が困っている事を
同化するように捉えちゃならない。


あなたはあなたの問題に取り組み、
あなたはあなたを何より大事にしないとね。

飢餓感を無視していると、
人の人生を食べ始めるから。


上で書いたことは企業で人を育成には当てはめやすいと思います。


私が仕事で育成担当にいたせいもあるし、
10歳から弟を筆頭に色々な子どもの、
子守をしていた事もあるでしょう。




ですが、私の子育て論はあまり一般受けしません。


なぜなら多くのお母さん方が、
1番フォーカスしたい、
「過去」や「感情」を最重要視しないから。


「過去」や「感情」を
軽視したりバカにする事はありません。

それはそれで取り組まないとだから。


が、それを優先順位のトップにしている限り、
未来を創る取り組みが遅れるから。


それと、 共感ごっこという傷の舐め合いばかりしていると、
傷が化膿し腐りますし、周りに伝播します。


自覚してやるならいいですが、
無自覚で人を巻き込まない方が良いですね。



社会や多くの人のフォローやサポートをしたい人ほど、
御身大事にされてくださいね。




個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ





休むだけで無駄が減るんだから簡単なこと | Home | トートタロットアルケミスト講座 火元素

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する