何の為に選ぶのか

我が家の女王様は気品があります。






昨日、ヤフーニュースで見つけた記事です。

【手足の指6本の奇形で生まれた赤ちゃん、「人工呼吸器からはずして」と父親が…】
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256798


特に珍しい話しじゃないのですが。

産婦人科病院をテーマにしたマンガ「コウノドリ」にも生まれた赤ちゃんに異常があれば子捨てする場面はいくつかあります。


記事にある赤ちゃんの障害は確かに珍しいし驚くけれどね。

でも命は助かるのに、
殺してくれ。と頼むとは。




記事抜粋

「今、呼吸器から外したら赤ちゃんの命はない」と大きな声を上げました。父親の答えはこうでした。

 「赤ん坊を、上の子と同じ穴の中に埋めてやりたいんです」

「先生には分からないよ。田舎でこういう子を育てるのが、どんなに大変なことなのか」


抜粋ここまで。



どんな子なら楽なんだろうね。

そもそも田舎で子どもが変わっていたら「自分が」迫害されるのが一番辛いんじゃないかな。

「心が弱い」から子どもを殺して欲しいと懇願したのでなく。

子どもや自分が迫害されるより、
される前に自分らの安全を選択した「強い心」じゃないでしょうか。



私はこの両親が良い悪いとか、
特に思いません。

子どもを見殺しにする親は珍しくないし、
人間は自分さえ良ければ何でもやるのは戦争を見れば分かることです。



でも、「親が」自主的に子どもを持つ為に生殖行為をした結果。という事実を
「田舎の多数の人間」の目を気にするっておかしな話しだと思います。



野菜を見ると分かりやすいと思いますが。

何らかの操作無しに、
均等な比率で傷1つ歪み1つない、
生き物が生まれることは奇跡に近いです。


私事ですが。

19歳で娘が出来た時、
中絶出来るギリギリまで、
1人であらゆる想定をして考えました。

最終的には、
自分と引き換えにすればなんとかなる。と覚悟して決めました。

誰にも相談しませんでしたね。

ダンナですら関係無いとカウントしてました。

当時のダンナは迷ってましたから。

迷っている人間に私は相談しません。

私の選択を誰も肩代わり出来ないしね。


私の体験を書いているのは、
自分を褒めたい訳でないです。

最近、若い方々や私と似たような立場で産まれ生きている方々から私の体験談や考え方がお役に立っていると聴いたり感想をいただき、
実践者として経緯を書いてます。

参考にされたい方は、
参考にしてくださいませ。

八方塞がりなら、
突破口にはなるかも。


話しを戻します。


扶養義務は親権を持つ者が負う。

親権を持たない者や、
成育に全責任を持つ訳でない人間は関係ないと思いますよ。



記事の終わりに、
母親が泣いたのが契機で
子どもは受け入れられた。とありましたが。

泣いた位で、
田舎の偏見は崩れません。


皆さん美談好きだけど。

現実が美談の通りに形になっているなら、
差別なんて無くなってます。

美談は
「叶わないファンタジー」
という思い込みから、
憧れて夢想するのではないか。と思いますが。


記事の下のコメント欄も読みましたが。

田舎での子育ての大変さがありましたね。


田舎の虐待(特に性虐待)は、
都心部より深刻な話しは、
信田さよ子さんの講座その他で教えていただきました。


核家族化になぜ舵が切られたか。

それは個々の自由采配がない、
息苦しさゆえではないでしょうか。


大家族なら助け合う。
本当に?

本当にそうなら、
多くの人間はそれを選択しますよ。



家族や村は密室になりやすいので、
力を持つ人間が支配し采配を振るいます。

支配者からしたら、
自分に従わない者は許し難いですから。

だから息苦しい社会になる。



子育てに息苦しい人は多いですが。

「子どもが自分の想定内で動かないから」

これがトップではないでしょうか。


子どもは大人ほど
「現実社会への対応」について学習しきれていません。

20.30.40.50代の大人ですら、
全対応なんて出来ませんよね。


脳も臓器も肉体も未成熟な子どもにキレるのは。

ご自身が理解不足か、
過大に期待し過ぎか、
単に疲れ過ぎか。

この3つではないかチェックしてみて、
該当があるなら対応すればいいですよね。


ちなみに母親、父親失格とか、
そういうの置いてくださいね。

現実を改善するのに、
別な想いにエネルギーを割くと、
改善しにくし、または出来ない。


余力がある時に、
自責というエネルギー消費をすればいいです。

ちなみに泣くのも、
エネルギーの無駄が多い。

泣いて悲劇に浸るほど、
気分も思考も悲観的になり、
現実改善から遠くなります。


目処が立ったら、
思う存分泣けばいいのでは。

思考がフリーズしたら、
とにかく寝ること。



最後に、
パートナー選びのポイントですが。

「話し合いが出来る人。」

これに尽きるのでは。

コミュニケーションが取れない、
取ろうとしない人は大変です。


強引な俺様に惹かれる人は、
あなたが自立や自主性が欠落してるかもね。

都合良く使われやすいので、
気をつけましょうね。



最後の最後に。

子育ては大変ですよ。
お金もだけど、20年近く時間が掛かるから。

自信がないなら選択しないのが一番。

私は迷っている人には、
絶対に薦めない。


少子化とかさ、
気にしなくていいんじゃない。

人間の歴史を見ればそうそう絶滅しないし、
そんなことを気にして産まないでしょ。

親に孫を見せるとかもさ、
人形じゃなく1人の人間と考えましょう。


それでは今日の辛口ブログは終了です。
世界から見たらちっぽけなモノ | Home | とても強く、とても弱い、私達の『世界観』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する