FC2ブログ

年越しの大祓遠隔エネルギーセッション

本日夕方、
2021年に私のサービスを有料で
ご利用いただいた皆さまへ
年越しの大祓遠隔エネルギーセッションを
お送りいたしました。


20220102153743c86.jpeg


 
年越しの大祓の準備を兼ねて
ご挨拶に伺った三峯神社です。 

20220102153811742.jpeg



丁度、誰もいなかった奥宮礼拝場。

2022010215393968b.jpeg

 


悲しさや悔しさや
やり切れなさや寂しさ

それらがほんの少しでも
柔らぐことを心より祈りました。
 
可能でしたら
お水を少し多めにお召し上がりください。
 
 

年越しの大祓のメッセージを
書きますね。

『ショックなことがあると
様々な心持ちになるかと思います。

ですが、それは「決まる」ことに
気がつく1つの体験かもしれません。

「決める」という自主性でなく
「決まる」という諦観に対して
嫌ったり避けることがあるかもしれません。

待つことが苦手な私達ですが。

でも出来るならば
「自然に決まる」ことを持ってみてください。』
  

メッセージは以上です。
 
私からの補足になりますが。 

「待つ」と我慢や忍耐は違います。
 
我慢や忍耐は褒美があると期待しやすいです。

でもこれは
悪いことがあったら良い事があるという
辛い現実を軽くする為の方便や
教育の誤学習だと思います。
 

現実は様々です。

努力しても報われないことはよくあり
何も無くても報われたりします。
 

いわゆる
自然に上手く行っている状態というのは。 

心身に負荷をかけ過ぎず
出来ることを出来る範囲で
丁寧に生きていると
様々な自然な流れに気がついている状態です。
 
 
心身に過負荷を与えている時は
一見上手く行っているようでも
山ほど恩恵があるように感じても
精神や心はフラットでない。

それは不自然なのですよね。

 
不自然なんだな。に気がつけると
自然に待つに慣れると思います。
 
良かったらトライしてみて下さい。
 
  

さて、今日で全ての仕事が終了しました。
 
2021年にお世話になった皆さま
本当にありがとうございました。

今年は個人的に心情が
しんどい時期がありました。

でも起きた事象は過ぎて見れば
全ては自分が蒔いた種の刈り取りでしかなく。

蒔いた自分に腹が立ち
抹殺したいと思いましたが。笑
 

仮に抹殺したところで
何も解決も改善もしないのは
いつか通った道で分かっています。
 
いつか通った道に
私達はいつも救われもするし
いつも絶望するのでしょう。

それを深く理解出来たことが
2021年の収穫でした。

 
来年はどんな年になるのか。

全く展望が浮かばないですし
浮かばなくていいやと思っています。
 
私は私を丁寧に生きる。

それだけですから。

 
来年もよろしくお願いいたします^ ^

良いお年をお迎えください。


個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション
新年明けましておめでとうございます | Home | 遠隔エネルギーセッション『冬至』 第3回目をお送りしました

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する