FC2ブログ

自分の行く末

夏のバラちゃん

20190821203504785.jpeg


今年の6月に録画した番組を、
やっと今日観ました。


8月6日から夏休みに入り、
録画した様々な番組を観ています。

ドラマ「透明なゆりかご」も、
やっと観終わりました。

【透明なゆりかご】
https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/




こちらは昨年マンガでレンタルし、
全て読んでいましたが。


人間がそのまま出演するドラマは、
赤ちゃんや幼い子供が出演するので、
先延ばしにしてました。



「透明なゆりかご」のマンガ1巻は、
こちらでご覧になれます。

【透明なゆりかご】
https://www.cmoa.jp/title/97738/

中絶の話しがあるので、
苦手な方はご注意を。


コウノドリのマンガは全巻買って、
ドラマは毎週観られましたが。


私は若い頃から中絶の相談や、
レイプの相談を受けたり、
生活困難家庭のサポートを1人でしていたせいか、
気楽には観られなくてね。


戦争体験の手記も、
年を取るごとに読んだ後に立ち直るのに、
時間が掛かるようになりました。


「透明なゆりかご」は見終わった後、
しばらく立ち上がる気力も無かったな。


集中して見過ぎてしまうから、
疲れるんでしょうね。


だから、長期休みに集中して観て、
仕事に少しでも支障がないようにしてます。

8月は少ししか仕事は入れていないので。


仕事がある時は、
仕事に支障がないよう、
日常生活は組んでいます。



さて、今日観たのはこちら。

【彼女は安楽死を選んだ】
https://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20190602



こちらの記事に、
同行された方の記事が読めます。

【「安楽死を遂げた日本人」に
密着 私たちに問い掛けたこと】
https://www.news-postseven.com/archives/20190611_1388659.html


幡野広志さんという、
稀な血液ガンに罹っている方がいます。

こちらの方です。
https://twitter.com/hatanohiroshi/status/1163286246203858947?s=21


私がスイスの自殺幇助団体を知ったのは、
幡野さんが書いていたのがきっかけでした。

幡野さんの文章は面白いので、
良かったら読んでみてください。


死生観は人それぞれですが、
私は幡野さんの死や病気になった時の周りや自分に対する考え方が、似てるせいか好きです。


今日観たスイスで安楽死を選んだ
女性の気持ちも分からなくないかな。

ただ家族を巻き込むのは、
考えてしまう。

私は1人で死にたいから。


24年前の24歳の時、
知人のご家族がALSに罹り、
看病から看取りまで近くで見ていたのですが。

私は動ける内に死にたいと、
強く思った出来事でした。


29歳で、ダンナ、父、祖母の
トリプル介護をしたせいが
何より強いけど。

介護されるのは絶対イヤ。


何度も入院しているから、
病院大嫌いだし、
お見舞いとか絶対拒否しますんで。

来たら寿命を削っても呪いますから。



安楽死については、
スイスの自殺幇助団体のような組織が
1日も早く出来て欲しいです。


どんなに人に罵られても、
介護だけは絶対にイヤ。


ちなみに、
他者がどんな介護や選択をしようが、
私には関係ないから何とも思いませんので。


仮にダンナが安楽死を望むなら、
全力で手伝います。

難病で散々痛みで苦しんでる姿を見ているから、
もし痛みで苦しむ時が来て耐えられないなら、
生きて欲しいとは欠片も思わない。


死にたいなら罪に問われようが、
手を貸す覚悟はずっと昔からしてます。


絶え間ない痛みをずっと味わう辛さは、
自分も何度もしていて分かるんでね。



でも、自分を手伝ってもらう気はないかな。


私みたいな考え方を持つ人間は、
ほとんどいないだろう。


ダンナや娘のような、
普通の人にはストレスや葛藤に耐えられない。


死ぬなら誰にも相談無しで、
さっさと死にますんで。


相談したら絶対止める人ばかりだと思いますし。


私が考える相談して良い相手って、
ストレスや葛藤に耐え得る人ですね。

そして決断後に罪悪感で、
精神を壊さない人。


私を大事に思っていて、
条件に合う人はゼロなんですよね。


私は、
祖母も両親も面倒を見て見送り
娘も成人し働いて自立している。

果たす義務は全て果たし尽くした。

自分の死に方は、
誰の意見も考慮しません。

ダンナと娘には伝えてあります。



この番組では、
同じ病気でも安楽死を選んだ人と、
人工呼吸器を選んで生きる人の
お2人が登場します。

お2人とも、
お姉さんや妹さん、
お母さんや娘さんが介護されています。

ご家族の葛藤に苦しむ姿を見ていると、
家族に知らせるのも残酷だよね。


当人だけでは物理的に無理だし、
精神的にも難しいだろうし。


物理的にも精神的にも、
サポートを頼める
第三者機関があると良いのにね。



出来たら、
お父さんや夫や息子が
介護されている人達も観てみたかったです。


育児も介護も、
働いていても子育てしても、
女性がメインておかしいよね。


男性は奥さんが病気すると
すぐ離婚する人が多いそうです。

女性は嫌いな旦那さんでも、
最低限の世話をするけど、

男性は寝たきりになっても、
食事もオムツやトイレも
放置する人が圧倒的に多いそうです。


モラハラタイプは特に酷いので、
動ける内に離婚して逃げましょうね。



ウチは介護とか頑張り過ぎて、
死にそうになるダンナだから、
絶対やらせたくない。


娘は出来ないのに頑張ろうとして、
精神病んでおかしくなるタイプだから、
やらせません。


しっかり稼いで、
お金で何とかなるようにしよ。


1人でやって来たから分かるけど、
育児も介護もお金で大体解決するから。

浪花節で明日を生き残れないですから。

夢がなくてすみません。



個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ

ランダムやイレギュラーは敵じゃない

真夏のバラちゃん

20190817171043657.jpeg




ブログがお久しぶり過ぎですね。
すみません。


現在、夏休み中でして、
FBには相変わらず毎日投稿してますので、
よろしくお願いします。


夏休み中にFB投稿を、
いくつかブログにアップします。


夏休み、案外やる事が多く、
真夏の大掃除が完了しました。


風呂場全体と2つのトイレと洗濯機は、
真夏の大掃除では必ずやる場所。


今回は高圧洗浄機で、
南北の駐車場をダンナがピカピカにしてくれました。


真冬は掃除しません。

掃除は暖かい時期に限ります。


さて本文です。


「凪のお暇」というマンガを知ってますか?

『凪のお暇』
https://www.akitashoten.co.jp/works/nagi/


7月からドラマでやってます。

パートナーシップ講座に、
参加している方々に、
こちらの作品を観たり読んだりを
お薦めしてます。


今日お薦めした方から、
感想をいただきました。


「ドラマを観てますが、
刺さる刺さる(苦笑
マンガも読んでみます。」


私はマンガの方をお薦めするかな。


私個人は特にヒットしない作品ですが、
「良き人」を長年やって
息苦しい方々には、
お薦めします。


昔、親しくしていた元友人の母親が、
凪のかーちゃんそっくりでドン引きしたなー。




梅雨の頃、
個人セッションの中で、
お話ししたことなんですが。


「ランダムやイレギュラーを
取り入れて行かないと、
物事が簡単にどん詰まりやすくなります。」

こんな感じでお伝えしました。



ルーチン大好きな人や、

1度やり始めたら
何があろうがやりきる!人へ。

ちょっと問い掛けます。


『それは本当に肚の底から、
やりたくてやっているのか? 』


やり切らないと
敵前逃亡した感覚や、

働かざるもの食うべからず!
とか、
役に立たないと価値がない!とか、
強迫観念でやってませんか?



自覚してやってるならいいのですが。


自覚とは、

「自分はやっても人には強要しない」

ということです。




一見、望みや願いを叶える為に、
取り組んでいるとしても、

自分に問い掛けた方が
良い場面や時期があります。



いや、望みや願いを叶えたい人こそ、
問い掛けた方が良い。


考えないで動こうとする大半は、
過去の積み重ねからのクセからの、
自動や反射でやってます。


意識しながら、
自分を追い立てないで、
行動してますか?




さて、

愛されたい。
愛したい。


この課題に取り組まれている方は、
多いかと思います。


ま、人の愛は自己満だから、
どんな愛を体験しても良いのですが。



「愛」をやたら言葉にする人ほど、
愛され方や愛し方を型に嵌める。


それこそ自分が決めたルーチンのように。


自分が相手の役に立たないと
愛されないと思い込みがち。


役に立つと必要とされるから、
イコール愛されていると思いやすい。


さきほど紹介した
「凪のお暇」の主人公の凪はまさにそんな感じ。


彼女の母親が
従属を強いる支配系の毒親だから、
母親の機嫌を損ねないように生きている。

感情の浮き沈みが激しい母親だから、
波立て無いよう何でも言うことを聴いて、
母親が望む受け答えをする。


凪は相手に合わせ過ぎるから、
ルーチンの権化になりやすいのよね。


ルーチンさえ守れば、
間違いがなく正しいし、
傷付かない(攻撃されにくい)と
勘違いしている。


効率を上げる為とか。
最適化させる為とか。
自分の成長の為とか。


これらは、
一見、耳心地の良い言葉ですが。


ルーチンの権化になる下地には、
「間違えてはいけない」がある。


失敗し間違える私は
認められない、
愛されない、必要とされない。


こういう、
悲鳴のような声無き声を、
案外多く聴きます。



でもさ、
適切な愛し方も
愛され方も無いんですよ。


適切な扱いはありますが。


愛と扱いは重なる部分もあるが、
違うんですよね。


「自分や相手を丁寧に待てる」
これが適切な扱いかと私は思います。



という事で。

ルーチンも、
やりきるも、

土台に恐れがあるならば、
結果、徒労に終わりやすいです。



恐れを土台にしない練習の為に、
ランダムやイレギュラーを、
わざわざ取り入れてみてくださいませ。



慣れないと不快感は必ずあるでしょう。


何でも出来る自分から
遠くなる気がすると思います。



でもね、あなたは万能になる為に、
この世界で生きてる訳じゃないよね?


万能なら愛を望む必要なんて無いしね。


あなたのペースで生きること。

それが一番の「愛」なんじゃないでしょうか。


個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ

縛り、選ばないのは自分。 解き、羽ばたくのも自分。

201907192205161c2.jpeg



ダンナは山や沢に行く準備が完了すると、
なぜか全ての装備を背負い歩く人。笑

いつも楽しそうだわ。


自分のペースで楽しく生きている人は、
誰かに必ず楽しさを伝播させる。


生きる上で、
それは貴重です。




私はダンナに自分の悩みを、
相談したいと思ったことが、
ほぼ無いです。



理由は2つ。

『体験してないことを、
人は基本的に理解が出来ない。』
(想像力は個人差があり、
出来る範囲の限界がある)


『一緒に落ち込まれたくない。』
(ダンナは普通に生きて来た人だから、
落ち込みを処理するのに時間がかかる)



当たり前だが、
娘に話すことは未だゼロ。


未来もゼロだろう。



自分の感情に、
人を巻き込みたくないし、

他者に自分の感情が分かることは、
無いと思ってます。


事象に過去を当てはめて、
同じような気になるだけ。


仕事柄、
ここは1番気をつけています。


「分からない」ことを認めないと、
大事なことを見落とすから。





例え、
どんな悲劇や絶望があろうが、
楽しさや喜びを抑えず控えることは、
違うと思います。



闇1つなら、
尚更小さなかそけき光に正気に戻る。



怒りも憎しみも消す必要は無いし。

消せるものなら、
記憶から消してるでしょ。


ま、復讐の為に覚えようとする人もいるが。




だが、だからと言って、
闇1つを選択する必要も無い。


どちらか。でなく、
どちらも。在るものだと思います。




私は人が1番望む生き方とは、
「自分のペースで楽しく生きる」
じゃないかと思う。


自分のペースで生きるには、
他者のペースに合わせないことを
選択することもある。



日本では合わせないことを、
叩き排除しようとされることが多い。


合わせない。のでなく、
人それぞれのペースが違うだけ。



例えば、

咀嚼し飲み込むことがゆっくりな人や、
丸飲みするように飲み込む人。


単に食べ方が違うだけ。


歯や顎や食道の働きだって違えば、
食事時間は全く違う。


違うことを認めた上で、
付き合うか、付き合わないかで良いのでは。



何度も書いてますが。

嫌う自由、嫌われる自由
憎む自由、憎まれる自由
拒絶する自由、拒絶される自由

地獄に堕ちる自由
地獄に堕としたい自由



あえてマイナスなものだけあげます。

皆さんが避けたいものだろうから。


何を選択するのも自由は、
全て均等にあるんですよ。


縛り、選ばないのは自分。

解き、羽ばたくのも自分。





個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ

同じ時間は2度とない

バラとみったん。

66398426_2344135162350674_879351836111273984_n.jpg



今日、ダンナからメッセージが届き。

何だろうと思って開いたら。

「近所のパン屋さん今月で閉店するよ」と来た。


その後訂正が届いた。

「今月半ばで閉店でした。」

慌てて行って来ましたよ。


娘が幼稚園の頃からあるパン屋さんで、
23年営業されていたそうです。



私、話しかけるのが苦手なんだけど、
閉店理由を聴いてみました。


機械の寿命が来て、
買い換えるか、
全く違う仕事をするかで、
ずいぶん悩まれたそうです。

仕事を変えるなら、
今の年齢でチャレンジするのが最後かなと思ったそうです。



私と大差ない年齢だろうと思います。

私は固定した仕事を何十年もやっていないので、
(投資は趣味だし)
何十年と同じ仕事を続ける方を尊敬します。




昔ながらのパン屋さんだけど、
色々な種類のパンがあり、
グラスフェッドバターも使っていて。


私、焼きそばパンが好きなんだけど、
このパン屋さん以上に
美味しい焼きそばパン食べたことがない。


焼きそばパンは、
焼きそばがマズイのばかりだから、
食べるの諦めてたんだけど。

ここの焼きそばパンは、
焼きそばがすごく美味しいの。

当たり前だが、パンもすごく美味しいよ。


コロッケパンや
トマトチーズメンチカツパンとか、
揚げ物がしっかり美味しいパンばかり。


クロワッサンが好きで、
特にショコラクロワッサンが美味しい。


バケットもものすごく美味しくて、
ハムとチーズを挟んで食べるのが大好きでした。


土曜日の午前中で終わりと聴いたので、
太るの覚悟で明日、明後日は買いに行く!

太ったら痩せるから良い。


「美味しいパンを
長い間ありがとうございました。」


しっかりお礼が言えて良かった。



それにしても、
パンが特に好きでない私が
唯一好きなパン屋さんだったのに。


歩いて行けた、
美味しいパン屋さんも閉店したしな。

娘が生まれた年にオープンしたんだけど。

四半世紀近く、
続いただけでもすごいのだけどね。


胡麻とゴボウのエピが好きだった。
顎が痛くなるけど、エピが好き。笑



先日の歌舞伎を観ていても思ったけど。

元気で身体が動く内でないと、
好きなことは出来なくなる。


全ては有限で限りがあって、
同じ時間は2度とないんだよね。


みったんと思い切り遊べる時間も、
短いよなー。

毎日追いかけっこしてるけど、
叶うならいつまでも遊びたいね。


階段ダッシュを10本やると、
かなりしんどくなったので、
体力だけは劣化にがっかりするね。(苦笑




個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ


余韻

昨夜は7月大歌舞伎を観劇して来ました。

66154048_2342675009163356_2324405467024982016_n.jpg


今年は2回目?だったかな。

まだまだ歌舞伎ひよっこですが、
楽しく観劇しながら色々勉強しています。




昨夜の歌舞伎の演出で手にした花びらの紙で、
6弁の花を象ってみました。

66408591_2343761922387998_2721059938922135552_n.jpg



昨夜の歌舞伎の余韻を、
朝から楽しんでましてね。


そういえば、
手づかみで、
花びらをグワっと持って帰った方を
多く見かけましたが。


そこに【余韻】は在るのだろうか。



歌舞伎を観に行く楽しさは、
内容だけでないんですよね。


歌舞伎座は、
檜の香りや様々な香りがするの。

正確には、
様々な香りのように感じる。ような、
気がするだけなんですが。

この香りって何だろうなぁと、
考えたりしてます。


舞台は様々な人がいて成立するので、
裏方さんの動きをよく見てます。


出演者の肉体も観察するし。


海老蔵の太腿が、
異様な太さでびっくりした。

ふくらはぎや腕は
普通に締まってるくらいだけど。

太腿だけ鍛えているのか、
演じる全ての訓練をすると、
結果太腿が太くなるのか。


いずれにしろ、
鍛えていないと動けない動きばかりだよなーと
海老蔵を眺めてました。



かたや、
一生、主役も重要な脇役も
演じることが無い人達もいて。

この人達は日々何を鍛錬し、
何を考え、生きているんだろうな。とか。


太鼓、三味線、謡いの人。

この中でも、
様々な序列があり、
何を考え、生きているんだろう。と。


劇に集中しながら、
同時に全く違うことを考えますが。


同時に
いくつも本を読んでいる感じなのかな。と
いつも思います。

これを書きながらも、
新聞を広げ、ツイッターを読み、
色々調べたり、
毎日定点で読むブログを読んだり。


1つを深く広く知りたいと思うと、
再現がなくなりますが。

毎日楽しいです。



楽しみといえば。

新聞の連載の1つに、
探検家で医師の関野吉晴さんのインタビューがあります。

関野さんがもう70歳とは。

グレートジャーニーを見ていたのは、
私が20代からだから、
当たり前っちゃー当たり前なんだが。


今日は54歳で体験した、
豚のなめし工場での労働体験でした。

ご自身の育った街を知らないなと思ったのが、
工場での労働体験だったそうです。

一緒に仕事をしながら、
仲良くなるのが関野さん流。

なめし工場は重労働ですね。
知らなかった。


関野さん、
今はグレートジャーニーについて、
グレートイミグレーション(移民)だと思うそうです。

人類が世界中に拡散した理由は、
好奇心や向上心だと以前は思っていたそうです。

でも現場に行き現実を見て思ったのは。

人口が増えると、
弱い人間は押し出される。

本当に弱い人間は死んでいくが、
その中にフロンティアやパイオニアがいて、
「住めば都」を作っていったんじゃないかと、
工場で働く外国人を見ていて感じたそうです。



私は関野さんのような体験もしてないし、
狭い範囲でしか体験もしてない。


だけど、虐待については、
誰よりも体験していて。


その中で関野さんと似たことを思う。


弱い個体は排除されるか、
強者に従順になる奴隷になるか、
自ら自滅するよな。と。


たまたまその中で、
生き残り立場や居場所を
自分自身を確立した人間が、
違う視点や観点でコミュニティを形成するんじゃないかな。


私は今の時代は、
昔の村社会と違い、
孤立しても生きて行けるから、
人嫌いな人は生き残りやすいと思う。

人が嫌いな理由も、
実は色々あるんですよね。

そんな話しはまた今度。


今は1人でコミュニティを形成出来るから、
気楽だよね。


私はそれを希薄とは思わない。

因習という呪縛はそろそろなくなって良いと思うよ。


広い意味でのチームワークは必要だけど、
囲い込んだ親密なチームワークはあんまり必要ないと思うので。

家族という狭い親密さは
早く解体された方が良いと思ってます。

代替になる概念がまだ薄いけどね。


この考えが変わっているのは、
重々承知してますが。

私のように、
孤独や孤立を好む人の、
エールになればと思います。

ま、あんまりいないだろうけどね。



個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション


◇しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラのお申込みはこちら
⇒ しっとりパウンドケーキ&ボンボンショコラ