FC2ブログ

遠隔エネルギーセッション 『秋分』第三回目を 終了いたしました

遠隔エネルギーセッション 『秋分』第三回目を
終了いたしました。

本日で3回セット全て完了いたしました。

お水を多めに召し上がってくださいね。
 

20210924223031f0b.jpeg


 
秋の太陽だねー。

20210924223407119.jpeg

 
 
こちらは八雲神社は素戔嗚さんなので
コロナ禍が早く収まりますようにと
いつもお祈りしてます。

2021092422343134c.jpeg


 

秋分の個別メッセージは
2週間前後でお送りいたします。
 
しばしお待ちください。
 

良かったら
春分にお送りしたメッセージを
読み返してみてください。
 
春(春分)に蒔いた種は
秋(秋分)に刈り取ります。

この半年で見えたことや分かったことが
どなたにもあると思います。

今一度、
ご自身の軌跡を振り返ってみてください。

念の為。

振り返りとは
自身を責めたり問い詰めることではありません。
 
どんな時間だったか?を
眺め感じることが大事なのでね。

 
もし責めたり出来なかったことばかりが
浮かぶ気がするようでしたら。

 
振り返りはやらないでください。
 

私は不利益を提案する気は無く
利益(ベネフィット)を提案することを
重視しています。

 
自分を厳しく断罪することは
利益よりも不利益が勝ると考えますのでね。
 

ご自身で考えて感じて
ご判断くださいね。 

 
少し先の冬至では
立春から見返していただけたらと
思います。

冬至にまた書きますね。
 
  

1年近く掛けてお届けする
遠隔エネルギーセッションですが。
 
私自身も
毎回テーマと向き合い
問い掛けながら共に歩いています。
  
 
勝ち負けから降りることは
私には長年の夢だった気がします。
 
 
一切戦わなくて良い時間は
安心や安全を手にしたかった私には
夢のように儚い憧れでしたね。
 
 
今、そういう時間を淡々と過ごせることに
しみじみと良かったなぁと思います。

もしかしたら
いつか戦わなくてはならないことも
起こるかもしれませんが。
 

今なら絶望感なく
淡々と済ませられるだろうと思います。
 

勝ち負けから降りることは
敗北でも逃げることでもなく
安心や安全を大事にすることなだけだと思います。 

 
皆さまが過ごす時間が
穏やかで優しい時間となることを
心より祈ります。
 
 
追記ですが。

個別メッセージを書く時は
書く前と書いた後にもエネルギー調整をしています。

我ながら細かいと笑えますが。

祝いはたくさんある方が良いと思うから。

私は面白く楽しいことが好きだしね。笑


個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション

遠隔エネルギーセッション 『秋分』第ニ回目を終了いたしました

遠隔エネルギーセッション
『秋分』第ニ回目を終了いたしました。

寝る前にお水を多めに
召し上がって下さいね。

今日は18世紀の終わりに
上野不忍池の辯天堂から分霊された
厳島社がお祀りされている場から。
 
緑が多くて気持ちの良い場所です。

水場だから蚊に食われたよ。笑
 
 
こういう場所には
よく言い伝えがあるから
立て看板は必ず読みますね。

興味深いよねー。 


20210923215840d81.jpeg



20210923215905c06.jpeg



  

今日はメンタルヘルスの話しを
書きますね。

以前に書きましたが
私はこびナビ(CoV-Navi)に参加されている
医師の方々の話しを読んだり
スペースを聴いたりしてます。

 
今日はこびナビ(CoV-Navi)で同じみの
峰宗太郎先生(通称バブ先生)と
内田舞先生が話されたnoteをご紹介します。

 
【うつ病とは?精神科を受診する目安について議論しました(7月29日こびナビTwitter spacesまとめ)】
https://note.com/cov_navi/n/nf68acffe5fa6

 
峰先生はコロナ関係で
テレビにも出演されているから
ご存じの方も多いかな?

私はテレビはほぼ観ないから
Twitterでしか知らないのだけど。
 
 
noteの内容はコロナ関係でなく
峰先生が16歳から25年付き合っている
大うつ病(気分障害)について
小児精神科のスペシャリストの
内田先生と対談されています。
  

興味深い内容なので
(アメリカでの治療についてとか)
良かったらご覧下さい。

私も大鬱病を発症してるなら
峰先生と同じは治療やるなー。

薬も必ず使うしね。

 
今日は鬱病と抑うつ状態の違いを
調べていたのですが。

これすら混同されるくらい
精神疾患に対しての理解や認識は
前時代的な感覚が強いのかな?
 
 
なったら終わりとか
頭がオカシイとか
キチガイ扱いとか?笑
 
誰でもいつでもなる病気なのにね。
 

内田先生が話されている一部を抜粋します。

『きっと「うつ病」って聞くと、ほとんどの方は、ふさぎ込む気持ちとか、悲しくて泣きたくなるっていうような、そんなものを想像されるかと思います。
もちろんそういう症状が出る方もいらっしゃいますし、それとは全く別に、例えば次のような症状があります。
・イライラした気分になる
・なんとなく集中できない
・なんとなくぼわんと考えがまとまらない
・なんとなく空気が重く感じてやりたいことが見つからない
・やりたいと思う気持ちが見つからない
・やりたいことあるんだけれども、そこに向かうための1歩目が、いつにも増してとても重い

他にも、身体症状にあらわれる方もたくさんいて、頭痛がする、お腹が痛い、指先の器用さがなくなる、あとは匂い、味、聴覚が変わる方もいらっしゃいます。
脳はやはり体全体を司る器官なので、全身症状が出るっていうのが、よくあることですね。

〜中略〜

これはヤバイかな? というのはどういう時ですか? と聞かれることもありますが、やはり「普段の生活を続けることが辛くて仕方がない、そのために費やす労力が多くて仕方がない」、そういう時期に来たら、ぜひとも受診して欲しいなあと思います。』
 
 
ね、誰でもあるでしょ。

以前に書きましたが。

ダンナは適応障害を持ってます。

最初に診断されたのはいつだろう?

多分ね、知り合った19歳の頃から
あるんですよ。
 
当時の私は病識が甘く知らなかった。

家事や子育てと
トリプルワークや実家の借金問題もあり
余裕や余白も無かったしね。

元々ある気質と環境因から発症した感じはありますが。

それは今となってはどうでもいいです。

 
出来る改善は長年はやってますが
どうしてもダメな対象や
シチュエーションはあります。
 

ある状態になると薬を服用し
凌いでますし
カウンセリングも併用してますよ。
 

例えプロでも
家族のカウンセリングはしないしね。

これは娘に対しても同じです。
ダンナと娘は気質が良く似ていて
キレ方やパニック状態がそっくり。
 
前触れがあったら
すぐに精神科とカウンセリングを
必ず受診するように伝えています。
  
 
肉体だろうが精神だろうが
病気に纏わることは
家族や身内間だけでやろうすると
簡単に潰れますから。

ちなみに認知症は
精神疾患に分類されます。

家族間だけで何とかしようとするのは
自滅行為になりますのでね。

 
ダンナについては
リモートワークになってから
ずっと観察してますので
こういう状況がしんどいのでは?と
気軽に話すようにしてます。 

   
ポイントは「気楽に気軽に」です。
 
ご飯食べるー?くらいな感じね。

 
自分は案外とストレスだと
気がついてなかったりするんですよ。
  
側から見たらよく分かるから
気楽に気軽に声かけをして
深刻にならないようにしてます。

深刻に語ったところで
悪化しかしないから。
(様々な人で経験済み)
 

私が何でやるかというと。

1番は自己保身でしょうね。

あなたの為という綺麗事はやらない。 

信頼し大事に思う人が
壊れて行くことを容認出来ないからやるのよ。 

5番目くらいに
相手の為が入るかな?笑 

失いたくない
奪われたくない 

こう思われる気持ちは
かなり「重い」ですし
「相手」の気持ちは無視してるかな。
 
 
肉体にしろ精神にしろ
重い気持ちをぶつけられられるのは
負担にしかならない。
 
 
私の場合ですが。

自分が体調や心調を崩した時に
誰にも言わないのはこれをやられたくないから。
 

元気ならいくらでも
防げるし打ち返せるが
崩している時はエネルギー消費が
激しくなり回復に支障が出るしね。

 
人からのエネルギー接種を好まない人は
他者に変に気を使って消費しない方が
早く回復しますよ。

これ、案外やらない人多いよね。 
 
 
まずは自分の回復が1番ですから。
 
 
ダンナは心配されることが
エネルギー補給になるタイプだから
声掛けやアドバイスはしますが。
 
基本的にはやらないかな。

当たり前だが人によるよね。
 
  

話しを戻しますが。
 
個人的に思うことは。

精神疾患なり依存症なり
環境に過剰に適応し過ぎる
(合わせようとし過ぎる)ことが
トリガーになりやすいと思います。

 
「合わせられない自分はダメ」という
負けてはならないという呪いだよね。 
 
 
100%合う環境も人も無いですよ。

 
合わせられないことを
悲しく寂しく感じることを無視せずに
「病まない」為に
病んだとしても最悪を選択しない為に
「負けられる」ようにした方が
健やかに生きられると思います。

ダンナも「完璧」を果たそうとして
少しずつ疲労し崩れたからね。

先日「完璧主義という呪い」について
クラブハウスで話しましたが。

 
最終的に呪うのは自分だから。

 
呪いを減らす為にも
「負けるが勝ち」が進みますように。笑


個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション

遠隔エネルギーセッション 『秋分』第一回目を終了いたしました

遠隔エネルギーセッション
『秋分』第一回目を終了いたしました。

寝る前にお水を多めに
召し上がって下さいね。
 

20210923215611d7e.jpeg



 
そうそう、
二至二分キャンドル「秋分」を
ご購入いただいた皆さまへ
本日一回分だけブーストとして
エネルギーセッションを行いましたので
お水を多めに召し上がってください。

キャンドルですが。
いつから灯して頂いても大丈夫です。
 
毎日数分でも良いので
灯してみてください。 

 
灯さないと魔法は働かないよー笑
  
キャンドルは「灯す」という
能動があってこそ物事は動くのでね。

たまに「飾ってます!」と
ご連絡をいただきますが
お札ではないので灯してください。笑 
 

さて、今回の『秋分』のテーマを
改めてアップします。
  

テーマは。

『勝ち負けから降りる』です。

「私は平和主義だから
人と勝負なんて野蛮なことはしません!」
 

こう仰る方は多いかな?笑
 

そうですね、
あからさまな他人との勝負は
しないかもしれませんね。
 

では「自分」との勝負はどうでしょうか?
 

「昨日の自分に勝つ!」

一見、カッコいい言葉ですよね。

でもなぜ自分を倒さないとならないのでしょうか?

弱いから?
強くないと意味がないから?
結果や成果を出さなければ価値がないから?

 
もしあなたが「弱い」と感じている部分が
あなたを守っているとしたら
それでも「倒しますか?」

 
そもそも、
他者や何かより秀でなければ
あなたは存在する意味がないのかな?

 
もしそう思うなら
それは本当に自分だけで考えて出した結論ですか?

 
多分、誰かや何かの影響であるはずです。

 
影響を受けることが悪い訳じゃありません。

ただその勝負に勝つことを
あなたは心底望むか?です。
 
 
勝負や競争は最初は楽しいでしょう。

でもいつか必ず疲弊します。
 

私達は有限ですから
減るし削れる生き物なんです。

有限だからこそ
限られた時間を勝負に明け暮れる
血生臭い時間で潰すのはどうなんだろう?と
私は思うのです。
 
 
勝負を止めることは怖いでしょう。

常に勝つ自分を
努力している自分を称賛してくれた人達が去るのだから。

何より。
結果や成果を生み出せない自分に
恐怖を感じるかもしれません。

私がこんなフレーズを書くのは
あまり柄ではないけれど。笑

あなたの価値や意味を
あなただけが決め打ちするのは
未来が暗く狭くなると思います。

もっと明るく軽い場所もありますから。

 
争い避けも入ってますので。
 
 
明日、明後日の
遠隔エネルギーセッションもお楽しみに^ ^



個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション

2021年遠隔エネルギーセッション 『夏至&夏越しの祓い』 第三回目全て終了いたしました

2021年遠隔エネルギーセッション
『夏至&夏越しの祓い』
第三回目全て終了いたしました。


20210709120639c5f.jpeg


 
今日は
お水を少し多めに飲まれてくださいね。
 
  
二至二分キャンドル
『夏至&夏越しの祓い』を購入された方々にも
遠隔エネルギーセッションをお送りいたしました。
  
 
今回キャンドルを購入された方に
なぜプラスしているかというと。

夏の土用が来るから。

元気な方は良いけど
夏や湿気に弱い方々には
かなりしんどいのと
呪いに気が付くのは疲れるのでね。 

 
秋分キャンドルでは
やらないです。(多分。笑)

 
 
今回のテーマである

『ベース(根底)にある古い呪いに気がつく』に
プラスに働くかと思います。 
 

プラスに働くとは
自分で解除して行こうと
動きやすくなるかと。
 

呪いの大半は
いつか誰かにされたとしても
いつの間にか自分で自分を呪う
(否定する)ことに繋がります。

 
気がつかれた方は
細かく何度も
解除されてくださいね。
 

解除って特別なことでなく
「あー、もういいや」と思うことかな。 

今日はゆっくりお風呂に入ってくださいね。
 
 

遠隔エネルギーセッションを
お申し込みの皆さま
個別メッセージは7月15日までに
お送りいたします。

しばしお待ちくださいね。


個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション

大国魂神社にて 夏越しの大祓へ

大国魂神社にて
夏越しの大祓へ。

20210709120321a3a.jpeg



家族全員分の
上半期の様々な罪穢祓いと
下半期を無事に迎える為に
半期に一度の祓いは大事にしています。

https://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/

 
本日、年間遠隔エネルギーセッションを
お申し込みの皆さまと
二至二分キャンドル
「夏至&夏越しの祓い」を
お申し込みの皆さまへ、
今回のテーマに取り組む為の応援として
遠隔エネルギーセッションを
お送りいたしました。
  

特に何もすることはありません。 
 
ゆっくりお風呂に入ったり
ゆっくりお過ごしくださいね。
 
熱中症予防を含め
水分を少し多めにお取りくださいね。

  

 
先週のパートナーシップ講座で
話したことですが。 
  

休みは休む為に使えば良いのですよ。 
  

早く体や心を治す為や
早く元気になる為や
人に迷惑を掛けない為や
早く復活する為じゃない。

「ただ休む」為に休まないと
休んでないからさ。
 
 
この話しをしたら
驚く人は多いんですよね。
 
 
自分が休む為に休むという感覚よりも
他者や社会を意識して
休みを使い続けていたら
いつ休めるのかな?
 

あなた以外にあなたを労わることは
誰も出来ないんですよ。

病気や怪我をして
やっと大手を振って休めます!という人も
よくいらっしゃるんですが。
 
 
あなたは他者や社会や世界の奴隷じゃないよ。
 
 
心身を傷めない限り休めないように
縛っているご自身に気がついた方が
生きるのは楽だと思います。
 
 
休む事に罪悪感が強い人は
人に責められたくない人が多いかな。
 
 
あのさ、
あなたが休んだり楽しむことを
責める人がいたとしたらさ。

その人はあなたを大事に思ってないよ。 

あなたという資源を食い潰す害虫でしょ。 
 

あなたを大事に思ってない人の
顔色を伺ったり機嫌を取ることは
無駄でしかないから。
 
 
昔は優しかったという人もいますが
昔ってさ、まだ親しくなる前じゃない?

または付き合い初期とか。
 

その辺りはあなたを値踏みしている
期間だったから優しかったかもよ?
 

優しい人を食い物にする人は
いますから。
 

今現在、優しくない人が
未来あなたを労わる確率は
どれくらいあるだろうか?

優しいいうても
甘いのとは違います。
 
 

少なくとも。

あからさまに無視をしたり
人がいる前やいない場所で罵倒したり
愚痴を延々と言ったり
ドアや家具を乱暴に叩いたり
貧乏揺すりや
テーブルを指でずっとトントン叩いたり

これらの暴力を振るう人とは
関わる価値は無いと思います。

どうぞ御身大事に。



個人セッションのお申込みは、
下記からお願いいたします。
⇒ 個人セッション