世界から見たらちっぽけなモノ





独り言。

あのさ、
善き人は本当に止めましょうよ。

我慢して誰かに合わせた分、
自分をズタズタに切り裂いている。


それは必ず誰かに
「仕返し」したくなるんですよ。

それも好きになったり、
自分を思いやってくれる人に
「仕返し」したくなるんです。


善き人は報われて
人から大事にされる。


というのは『幻想』ですよ。


人間の大半は、

自分に損にならず得になるなら、
幾らでも付き従い大事にしますから。



嫌い、腹立つ、許せない、
地獄に堕ちろ、とかさ。

こう思う方が健全かな。


自分の命の軸削ってでも、
自分を対価に全部差し出してでも、
本当に恨んでる相手に向き会えばいいのに。


失うものなんて、
自分や自分が大事にしたい存在だけ。


世界から見たらちっぽけなもの。

それでも護りたいか。
それでも壊したいか。

どちらが強いか。なだけ。



さて、
ここまで読んでどう思いましたか?


色々と感じ思われたと思いますが。


あなたはどう生きたいですか?


善き人だろうが、
悪しき人だろうが。

誰かから見たら「そう」見えるだけ。


誰かにとって麗しき人でも、
私にとって悪しき人なら、
付き合いませんし。

寧ろ出来る限り不幸になりますように。
と、当たり前に思います。


私は出来た人間でいようとは、
全く思わないので。

嫌う自由、嫌われる自由。

自由の対価の責任も負いますし。



あなたはどう生きたいのか。

それだけですよ。はい。



嫌いな人はちゃんと嫌いましょう。

嫌いな人とは暮らさないようにしましょう。


これだけで生きるのは、
随分と自由になります。


自責や生活の不安もあるでしょうが、
そういう人は誰といたって、
1人だって思ってますから。

何の為に選ぶのか

我が家の女王様は気品があります。






昨日、ヤフーニュースで見つけた記事です。

【手足の指6本の奇形で生まれた赤ちゃん、「人工呼吸器からはずして」と父親が…】
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256798


特に珍しい話しじゃないのですが。

産婦人科病院をテーマにしたマンガ「コウノドリ」にも生まれた赤ちゃんに異常があれば子捨てする場面はいくつかあります。


記事にある赤ちゃんの障害は確かに珍しいし驚くけれどね。

でも命は助かるのに、
殺してくれ。と頼むとは。




記事抜粋

「今、呼吸器から外したら赤ちゃんの命はない」と大きな声を上げました。父親の答えはこうでした。

 「赤ん坊を、上の子と同じ穴の中に埋めてやりたいんです」

「先生には分からないよ。田舎でこういう子を育てるのが、どんなに大変なことなのか」


抜粋ここまで。



どんな子なら楽なんだろうね。

そもそも田舎で子どもが変わっていたら「自分が」迫害されるのが一番辛いんじゃないかな。

「心が弱い」から子どもを殺して欲しいと懇願したのでなく。

子どもや自分が迫害されるより、
される前に自分らの安全を選択した「強い心」じゃないでしょうか。



私はこの両親が良い悪いとか、
特に思いません。

子どもを見殺しにする親は珍しくないし、
人間は自分さえ良ければ何でもやるのは戦争を見れば分かることです。



でも、「親が」自主的に子どもを持つ為に生殖行為をした結果。という事実を
「田舎の多数の人間」の目を気にするっておかしな話しだと思います。



野菜を見ると分かりやすいと思いますが。

何らかの操作無しに、
均等な比率で傷1つ歪み1つない、
生き物が生まれることは奇跡に近いです。


私事ですが。

19歳で娘が出来た時、
中絶出来るギリギリまで、
1人であらゆる想定をして考えました。

最終的には、
自分と引き換えにすればなんとかなる。と覚悟して決めました。

誰にも相談しませんでしたね。

ダンナですら関係無いとカウントしてました。

当時のダンナは迷ってましたから。

迷っている人間に私は相談しません。

私の選択を誰も肩代わり出来ないしね。


私の体験を書いているのは、
自分を褒めたい訳でないです。

最近、若い方々や私と似たような立場で産まれ生きている方々から私の体験談や考え方がお役に立っていると聴いたり感想をいただき、
実践者として経緯を書いてます。

参考にされたい方は、
参考にしてくださいませ。

八方塞がりなら、
突破口にはなるかも。


話しを戻します。


扶養義務は親権を持つ者が負う。

親権を持たない者や、
成育に全責任を持つ訳でない人間は関係ないと思いますよ。



記事の終わりに、
母親が泣いたのが契機で
子どもは受け入れられた。とありましたが。

泣いた位で、
田舎の偏見は崩れません。


皆さん美談好きだけど。

現実が美談の通りに形になっているなら、
差別なんて無くなってます。

美談は
「叶わないファンタジー」
という思い込みから、
憧れて夢想するのではないか。と思いますが。


記事の下のコメント欄も読みましたが。

田舎での子育ての大変さがありましたね。


田舎の虐待(特に性虐待)は、
都心部より深刻な話しは、
信田さよ子さんの講座その他で教えていただきました。


核家族化になぜ舵が切られたか。

それは個々の自由采配がない、
息苦しさゆえではないでしょうか。


大家族なら助け合う。
本当に?

本当にそうなら、
多くの人間はそれを選択しますよ。



家族や村は密室になりやすいので、
力を持つ人間が支配し采配を振るいます。

支配者からしたら、
自分に従わない者は許し難いですから。

だから息苦しい社会になる。



子育てに息苦しい人は多いですが。

「子どもが自分の想定内で動かないから」

これがトップではないでしょうか。


子どもは大人ほど
「現実社会への対応」について学習しきれていません。

20.30.40.50代の大人ですら、
全対応なんて出来ませんよね。


脳も臓器も肉体も未成熟な子どもにキレるのは。

ご自身が理解不足か、
過大に期待し過ぎか、
単に疲れ過ぎか。

この3つではないかチェックしてみて、
該当があるなら対応すればいいですよね。


ちなみに母親、父親失格とか、
そういうの置いてくださいね。

現実を改善するのに、
別な想いにエネルギーを割くと、
改善しにくし、または出来ない。


余力がある時に、
自責というエネルギー消費をすればいいです。

ちなみに泣くのも、
エネルギーの無駄が多い。

泣いて悲劇に浸るほど、
気分も思考も悲観的になり、
現実改善から遠くなります。


目処が立ったら、
思う存分泣けばいいのでは。

思考がフリーズしたら、
とにかく寝ること。



最後に、
パートナー選びのポイントですが。

「話し合いが出来る人。」

これに尽きるのでは。

コミュニケーションが取れない、
取ろうとしない人は大変です。


強引な俺様に惹かれる人は、
あなたが自立や自主性が欠落してるかもね。

都合良く使われやすいので、
気をつけましょうね。



最後の最後に。

子育ては大変ですよ。
お金もだけど、20年近く時間が掛かるから。

自信がないなら選択しないのが一番。

私は迷っている人には、
絶対に薦めない。


少子化とかさ、
気にしなくていいんじゃない。

人間の歴史を見ればそうそう絶滅しないし、
そんなことを気にして産まないでしょ。

親に孫を見せるとかもさ、
人形じゃなく1人の人間と考えましょう。


それでは今日の辛口ブログは終了です。

嫉妬は焦がせ!

気合いを入れて
今月半ばのイギリスツアーのミーティングに備えてました。

待っている間に、
仕事の確認のやり取りの為に、
手帳を開けたら。。


10月3日 20時〜


・・・・え?明日???



気をとり直して。

3月のライオン、読了しました。
画像以外のネタバレはしません。





嫉妬か。

零が言ってるけど、
腐って悠長に構えている場合じゃない。

恥で黒焦げになるほど、
自分の未熟さを直視するチャンスです。


自分は努力して来た。とか、
自分なりに頑張っている。とか。


そういうことを考えたり口にした時、
見ないようにしている証で。


何でも上手くなりたいなら、
愚直に見直し掛けてコツコツやるしかない。


やってない事の見直しは特に大事。

やってるつもりが1番厄介。


上手く行かない時は、
上手く行ってない人と話してはダメ。


私がよく見た例ですが。

男運のない同士で話しても、
傷の舐め合いしかせず改善しようとしないでしょ。


チーム男運無しは、
チームの誰かが幸せになると、
喜ばないしね。


他者の幸せを喜べないほど、
自分が荒んでいることに気がつかないと。


歪んでる例だと。

他者が喜ぶことを、
自分の喜びに変換して尽くし過ぎたりとか。


あなたがしっかり幸せじゃないと、
やるほどに虚しさは溜まりますよ。




自分を信じ好きになり、
何かにチャレンジし続けることを、
怖い人は多い。


「また傷ついたり
何かに裏切られるのはもうイヤだ!」


ま、そう思う気持ちもあるだろう。

そしたら、少し休みましょうよ。

1人でのんびりすることは、
かなりの特効薬。


何かの講座やセッションで気がつくより、
本を真剣に読んだり、
誰かと逢ってモチベーションやリスペクトを貰うんじゃなくて。


空とか雲とか、
月とか星とか、

1人で眺めるのはホッとしますよ。


私は樹が風に吹かれているのを、
ただただ眺めてます。


いつも頑張ってるように思われますが、
目的が無い時は大概ボーっとしてます。


30歳までに死ぬなら、
24時間気を張り続けて生きますが。

現に死にそうになりましたからね。


私の寿命は私が変更しない限り、
70過ぎまであるそうです。


いかに面白く楽しく美しく、
世界や次世代に関われるか。

それを未来に描いて生きてます。


嫉妬はとっとと焦がして、
炭にして次の喜びの燃料にすることをオススメします。



それにしても、
島田八段相変わらず良いわ。

滑川くんも見直した。

あかりちゃんはさ、
島田八段どうかね?

クズ親父とダメ母の亡霊に、
食い潰されちゃダメ。

本日、開業丸6周年目です


今朝の自宅からの青空です。



本日、開業丸6周年を迎えました。

お世話になっている皆様へ、
心からお礼を申し上げます。

ありがとうございます。

7年目も、一意専心を目指し
淡々と精進いたします。

よろしくお願いいたします。



今日は別の話しを書き上げていましたが、
嬉しい感想がいくつも届きました。


開業した本日に届いたということは、
私へのメッセージでもあるかと。


イヤーリーディングを受けた方々の、
9月のカードが皆さんユニバースで。


ユニバースは完全を現すのですが。

1つの世界が完全に終了したことも知らせてくれます。


皆さん、
古い世界を愛しく思っていました。

でもね、次世代を生きないと。

古く愛しき世界と滅んではいけない。

どれほど愛していてもね。


感想を簡単にご紹介します。



去年までは、大陸・半島大嫌いで敵地ぐらいだったのに、ご本人まさかの東方神起(K-POP)にはまって世界平和を祈るようになって数か月。今月、とうとう東方神起のコンサートチケット当選。
ますます東方神起に愛を注ぐ。



彼氏と過ごしてきて丸一年経過。
仕事に対しての愛の注ぎ方、向き合い方自分の中で少し変化が。
それにあわせて、お仕事がぽつりぽつりと入る。
彼氏が前職の仕事に復帰。
自然と次のステージのことを考える。



ご実家から離れ独り暮らしスタート。
お母様が子離れできない毒親&メンヘラさん。
そこから独り立ちすることはまさにユニバース。
そして最近好きな人が出来たようで(しかも両想いっぽい)ご本人はそんなうまい話がある訳がないとささやかな抵抗中。



こちらはいくつか出席した、
トータルな感想です。

(実はこういう形が多いので、
ご紹介ジャンルに悩むのです。)


自分が何を望んでいるのか、
やりたいこと、欲しいもの、
全く分からないなと思っていた時期がありましたが、
その頃から考えるとすこしは変われたのかなぁと思えます。

まだまだねばならぬとかこう望まれているからとか人の望みに隠されてしまうことも多々ありますが、ちゃんと自分の望みを知って叶えていきたいです。

自分の人生は自分のもので、
どうするかは自分次第。

千春さんにお会いしてなかったらもっと何かの所為にして、いろんなことを諦めていたんじゃないかなと思います。


1つ1つに返信させて頂きました。

ウチにいらして、
ご自身が諦めず目一杯努力される限りは、
諦めさせませんよ。
(良い意味でスパルタです)


ところで、
毒親&メンヘラさんがご両親で悩まれている方はどうぞ。


私自身の両親や親族全部キチガイでした。

そして、それに近い方々から、
お子さんを預かり対応して15年以上関わりました。


10〜30代の方は、
特に真面目に親御さんを助けようとする。


親は助けなくていいです。

身近な親戚、友人、知人は親を助けない
あなたを人でなしと言うかもしれない。

でもね、
それをまともに受け止めないこと。

その人達は
あなたの人生の責任を取ってくれません。

身銭も切らず、精神的重圧や保護責任の民法にも縛られない、
お気楽で無責任な外野ですから。


あなたのご両親である
(場合によっては祖父母や叔父叔母とか)
彼女や彼らは自己選択して、
その時間を生きてます。


あなたはあなたの時間や世界を生きなさい。


世界中から非難されたとしても、
自分だけは自分を非難しちゃダメだよ。


何度でも言うが。

両親が不幸なのは、
その人達の自己選択だ。

あなたのせいは一欠片もない。



②の感想を頂いた方は、
私が書いた「親は捨てていい」のブログを読んで家を出られたそうです。


エキサイトブログに書いた、
実は曰く付きのブログですが。


あのブログで救われた。
という感想はたくさん頂きました。


勝手な想いしか書いてないんですけどね。


私は、永遠に子ども擁護の立場に立ちます。


例え、親という立場に娘がいたとしても、
全面的に子ども擁護として出来ることは何でもやります。


万万が一、娘が子どもを産み、
虐待したら全面対決しますよ。

それは言い渡してありますしね。


娘がやらないなんて、
私はそんな妄想はしない。

人は何でもする生き物だから。


大人は次世代を喰い物にするもんじゃない。

糧に支えになるもんだ。


開業記念の日だからこそ、
私は世界や次世代に尽くすことを書いておきます。


次世代には動植物や自然も入ります。

長くなりましたが。

改めて、
7年目もよろしくお願いいたします。

心身の癒し業界の沼は、広くて深いのでお気をつけて

fc2blog_201707021134450ad.jpg



えーと、あるあるネタですが。

スピや心理学、
その他、心身の癒し業界の沼は、
広くて深いので、お気をつけて。


選ばれた人。とか。

決めた日に来ない、動かない人は、
ヤル気がないダメ人間。とか。

何でも大丈夫教。とか。

あなたはいつだって頑張っているから。
と慰めたり、励ましたり。 とか。


干渉や介入し過ぎ。


選ばれない、決めない、動かない、
頑張らない、etc

そういう事を選択する自由が、
人にはあります。

人には不幸や地獄に堕ちる権利がある。


そうしないと納得出来ない時期や、
人生もあるだろうから。


聴かれた時に、
相手に何度も質問して確認する事も大事。


あー、地獄に堕ちて学びたいんだなって人には、
どうぞ!と薦めます。

または、ウチにいらしても、
望む解答はありませんので。
と、お断りしたり。


幸せになんかなりたくない人も、
たくさんいるんですよ。


「幸せを望んでないよね?」

と、伝えるのも、
私がやっている仕事の1つです。


恐怖や快楽で支配すると、
儲かりますから、使う人は多数。


それが良い悪いは私にはどうでも良くて。

「あなたはどうしたいか?」

だけじゃないでしょうか。



仕事をしていて、
変なキャンセルや、噂の流布をする人間は、
ブラックリストに入れて関わらない。

私はマンガのフラジャイルの
中熊薫病理課長をマネて、
Kファイルに入れてます。
 

実害があるなら、
関わっている人達に知らせるのも大事ですよ。

知らせた後にどうするかは自由ですから。


誰かを薦めるのもよく見極めないと。


感情的にならない、
仕事にとことん集中するプロフェッショナルが良いよね。

受けた仕事のみ完遂。

それ以外は関わらない。

素晴らしい。


私もまだまだ未熟ですので、
磨きを入れないとです。